トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/12/05
総選挙やり直しを要求 菅代表代行が常幹で表明
記事を印刷する



 民主党の菅直人代表代行は5日の常任幹事会で、いわゆる郵政造反組の自民党復党問題について「自民党は何をやるかは自由だが、昨年の総選挙が何だったかという問題は自民党だけのことではない。あの総選挙が間違いだったのならやり直すべきだ」と述べ、解散−総選挙のやり直しを求めていく考えを強調した。

 これに関連し、菅代行は自民党の現状に対して「道路特定財源の問題にしても、結局は業界に配慮する政治になっている。小泉政権以前の古い政治に戻りつつある」と厳しく批判、「そのような自民党に対して民主党はどう臨んでいくかをしっかり考えなければならない」と述べ、改革姿勢を前面に押し出していく姿勢を示した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2020 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.