トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/09/25
【臨時党大会】拍手で小沢一郎代表再選を承認 政権交代へ再スタート
記事を印刷する





 党は25日午後、東京都内で2006年9月民主党臨時党大会を開き、小沢一郎代表の再選を正式に決定した。

 臨時党大会はまず、党中央代表選挙管理委員会事務局長の平野博文衆議院議員(総合調整局長)の司会のもとで開会し、藤村修衆議院議員と下田敦子参議院議員が議長に選任され、両議長の司会で大会は進行した。

 大会実行委員長挨拶に立った高木義明衆議院議員は、「いよいよ明日から臨時国会が開かれる」と宣言。今後の協力関係と有効の絆を深めるために今大会には社会民主党、国民新党、新党日本の3党党首の出席を得たと説明すると同時に、「新代表の所信のもと、これからの国会論争はもとより、各選挙に対して一丸となって党の前進を図るのがこの大会の大きな願いだ」と指摘。あわせて「自立と共生の理念を高く掲げ、小沢代表のもと、力強い前進を図っていかなければならない」と語り、今回の大会を来るべき政治決戦のスタートと位置づけ、更なる奮起を会場に呼びかけた。

 次に、3党党首が来賓挨拶に立ち、臨時国会はじめ来年に行われる参議院選挙で野党が一致協力して安倍政権に対応していくことを再確認した。

 続いて、藤村議長が代議員241名中226名の出席を得て、党規約第6条第7項によって本大会が成立したと宣言した。鳩山由紀夫幹事長が幹事長報告・提案のあと、中央代表選挙管理委員長の松本龍衆議院議員が12日に告示された党代表選挙に小沢代表以外に立候補の届け出がなく、その結果を受けて、党規約第8条に基づき臨時党大会の承認をもって選挙に変えることとするため臨時党大会開催となったとの経過を報告。報告後に小沢新代表が満場の拍手でもって承認された。

 大きな拍手に迎えられて登壇した小沢新代表は、「同士のみなさまの総意により、ふたたび民主党の代表に就任させていただくことになった。私にとっては身に余る光栄。同時にその使命と責任の重さをかみ締めている。24万人にのぼる党員・サポーターのみなさまにも感謝申し上げる」と挨拶。さらに「友党として連帯のお言葉をいただいた社民党の福島党首、国民新党の綿貫代表、新党日本の田中代表に厚く御礼を申し上げる」と語った。
 
 「民主党の使命は自ら政権を担い、古いしがらみと利権を断ち切って、本当に新しい日本を作り上げることである。それこそが真の改革であり、民主党にしかなしえない時代の要請だ」とも小沢代表は指摘。「私たちの国づくりは共生を理念とし、日本の良さを保守しつつ、日本を国内でもまた国際的にも筋の通った公正な国にすることを目標としたい」との考えを示した。

 また、代表選立候補に当たって発表した目指す政治の基本理念と基本政策に基づき、「その核心をあえて一言で申し上げるならば、政治とは生活である」と表明。「政治は国民のみなさまの生活に密接に繋がっているものであり、だから常に具体的でなければならない。肝心の国民が不幸な生活を送っていたのでは正しい政治とは言えない」との主張も明らかにし、「だから私の基本政策は国民の生活を良くすることを最優先にして、単なるスローガンや勇ましい言葉の羅列ではなくて、だれもがわかるよう具体的に提示した」と語った。

 続いて、国会議員、地方議員にそれぞれの地域での活動を充実させていくよう要請。「10月の補欠選挙、各種地方選挙、統一地方選挙を勝ち抜いたうえで、来年の参議院の通常選挙で過半数を獲得したうえで、自民党政権を崩壊されなければならない。そして、さらに遠くないと予想される次の衆議院総選挙に勝利し、民主党は堂々と政権を手にする」と表明。そこに至る道のりについては「あとひとふんばりだと思う」として、全党一丸となって、走ろうではないかと会場に呼びかけた。

 さらに、菅代表代行、鳩山幹事長の続投を要請したうえで、「私は私自身の政治経験と政治生命のすべてをかけて、この決戦の先頭に立つ決意だ」と宣言。「政治とは生活であるという政治信念と政権担当政党への不退転の覚悟とをみなさまと確認し合い、私の代表就任の決意表明とする」として挨拶を締めくくった。

 なお、臨時党大会には10月22日に投開票される衆議院補欠選挙で神奈川16区党公認予定候補のごとう祐一さんと大阪9区公認予定候補の大谷信盛さんも出席。小沢代表、菅代表代行、鳩山幹事長とともに壇上に並び、民主党政権確立への足がかりとなる勝利に向けて補欠選挙で力を尽くしていくことを改めて宣言。続いて菅代表代行の「小沢政権、民主党政権を実現する。この決意を全員のこぶしに込めて頑張ろうを三唱しよう」との呼びかけに応じ、全員で頑張ろうを三唱し、満場の拍手とともに閉会した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.