トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2006/04/07
【党代表選】菅直人、小沢一郎両衆院議員が代表選立候補届出
記事を印刷する





 前原誠司代表の辞意表明を受けて実施される民主党の代表選挙が7日告示され、午前9時から党本部で立候補の受け付けが行われた。

 民主党中央代表選挙管理委員会(松本龍委員長、小林元委員、神本美恵子委員、下条みつ委員、逢坂誠二委員)に対し、立候補届出順に、菅直人候補、小沢一郎候補の推薦人が、党所属議員20名以上の推薦人名簿を添えて、届出を行った。

 党本部で立候補届出を行ったのは、菅候補側は寺田学、郡和子両衆院議員、小沢候補側は笠浩史、横山北斗両衆院議員、平野達男参院議員。

 新代表は、同日午後3時開始の両院議員総会で、党所属国会議員の投票によって選出される。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.