トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/09/17
党新代表選挙に向け、菅直人、前原誠司両候補が立候補届出
記事を印刷する





民主党の新代表を選ぶ代表選が17日告示され、午前9時から都内で立候補の受け付けが行われた。立候補届出順に菅直人候補、前原誠司候補の推薦人がそれぞれ20人の推薦人名簿を添えて、民主党中央代表選挙管理委員会の細川律夫委員長、長浜博行委員、小林元委員に対し、届出を行った。

 届出を行ったのは菅候補側は、寺田学、津村啓介、西村智奈美、柚木道義各衆議院議員。前原候補側は泉健太、近藤洋介、田村謙治、笠浩史各衆議院議員。

 新代表は同日午後の両院議員総会で、党所属国会議員の投票によって選出される。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.