トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2005/02/22
民主党は「政権準備政党」 岡田代表、会見で「脱・野党宣言」
記事を印刷する



 岡田克也代表は22日、党本部で定例の記者会見を開催し、明日の党首討論のテーマ、第2回の政権戦略委員会会合などについて語った。

 岡田代表は冒頭、今国会で初となる党首討論が明日開催されると発言。日米安全保障協力、子育て支援、年金制度改革、定率減税、被災者生活再建支援法などのテーマを取り上げ、「政策論をしっかりやりたい。揚げ足取りの議論ではなく、党首どうしが中身のある議論を展開したい」と抱負を語った。

 岡田代表は続いて、22日午前中に開かれた政権戦略委員会の第2回会合において、「野党」ということばを使うことを止めようと確認したことを明かした。「政権を批判する、監視する」従来の野党の役割と同時に、「次の政権政党として準備をする」ことが重要と語った岡田代表は、政権を担う準備をするという問題意識を前提にして今後も討論を続け、「政権準備政党」という言葉を定着させたいとした。

 岡田代表はまた、定率減税について、十分な審議時間をとるよう協議を重ねていると述べ、「予算とあわせて形式的な時間を確保しただけで採決してしまうようなことは、絶対に認めない」と、しっかりとした議論を求めていく姿勢を示した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2020 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.