トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2004/05/20
学歴虚偽記載による原田文部科学副大臣の辞任について(コメント)
記事を印刷する

民主党幹事長代理 鉢呂吉雄

本日、原田義昭文部科学副大臣が、学歴虚偽記載を理由に辞任した。文部科学行政の重要な職責を担う立場にありながら、これまで虚偽の記載により誤った情報を有権者に伝えてきた政治的、道義的、社会的責任は極めて重い。とりわけ、子どもたちの教育に責任ある立場にあるものが、学歴に虚偽記載をしたということは、わが国の教育に対する信頼さえ失墜させることになりかねない。

まず事実関係について、本人が国会の場でしっかりと明らかにし説明責任を果たすべきである。また、その責任の重さを考えると、副大臣職の辞任のみではたしてすまされるかどうかを厳しく問うとともに、原田議員を文部科学副大臣として起用した河村文部科学大臣、小泉総理の責任についても糾されねばならない。

以上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.