トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2002/09/24
【臨時党大会】鳩山新代表、幹事長に中野寛成前副代表を指名
記事を印刷する



 民主党の鳩山由紀夫新代表は24日、臨時党大会での施政方針演説の中で、新幹事長に前党副代表の中野寛成衆議院議員を指名、大会参加者の拍手で承認を得た。その他の新執行部人事については、近日中に両院議員総会を開催して提案し承認を得たいと述べた。

 鳩山新代表は、施政方針演説で、「代表選挙での横路、菅、野田候補の見事な闘いを讃えたい。4者4様にそれぞれの思いを競ったが、政権交代の思いは皆同じだ。政策の多少の違いを乗り越えて、党としての方針を十分に打ち出すことができると確信した」と代表選を振り返るとともに、今後の党のあり方について、「あらゆることにタブーを設けず、時に激しく議論し、国民の意思を確認しながら一つにまとめあげていくことで、『たくましい民主党になった』と言われるよう党を育て上げていこう」と強くアピールした。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.