トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2002/09/13
【代表選】4候補、外国特派員に政権構想を語る
記事を印刷する



 民主党代表選挙に立候補した横路孝弘、菅直人、鳩山由紀夫、野田佳彦の4候補は13日、日本外国特派員協会主催の公開討論会に臨んだ。会場には、外国人記者、各国外交官など約150名が集まった。

 各候補の政権構想や外交・経済政策を聴いた外国人記者からは、米国のイラク攻撃問題への対応、自民党の弱体化を民主党が活かせない理由などについて質問があった。最後は予定時間をオーバーしながらも、政権交代に向け、民主党をいかに変えるべきかについて、4候補者間で熱い議論が展開された。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.