トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2002/08/22
【代表選】民主奇兵隊、岡山でサポーターへの参加訴え
記事を印刷する

民主党代表選挙を盛り上げようと全国各地を遊説している「民主奇兵隊」は21日、岡山県に入り、岡山市内を中心に終日街頭宣伝を行った。

この日は、奇兵隊隊長山村健衆議院議員を先頭に、内藤正光参議院議員、津村啓介岡山県第2区公認予定候補者が参加。山村議員は、「今日はサッカーの審判の姿をしていますが、これは腐敗政治にレッドカードを出すためです。政権交代をしなければ政治はよくならない」と道行く人たちに語りかけ、さらに「民主党は代表選挙を通じて政策を皆さんに訴えていきます。ぜひサポーターになり将来の首相候補を選んでください」とサポーターへの参加を呼びかけた。

内藤議員は、「マスコミで民主党はバラバラではないかと言われていますが、それは価値観が多様化している現代で多くの議論をぶつけ合いながら方向性を決めていこうとしているのでそう見えます。より近くで参加するためにもぜひ皆さんの思いを一票に託して欲しい」とサポーターへの参加と民主党への支援を訴えた。

津村氏は、「この保守王国とも抵抗勢力の牙城ともいわれる岡山から新しい風を起こし、疲れきった日本を建て直したい」と熱っぽく訴えた。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.