トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2003/01/18
【党大会】自由党・社民党・連合・日本経団連から来賓あいさつ
記事を印刷する



 大会では、来賓として、藤井裕久自由党幹事長、土井たか子社会民主党党首、笹森清日本労働組合総連合会会長、福岡道生日本経済団体連合会参与の4氏がそれぞれの立場から祝辞を述べた。

 藤井自由党幹事長は「緊縮政策で雇用の機会を狭くしている」と小泉内閣の経済失政を厳しく非難、外交政策についても「その場限りのムードでやっている。とても外交といえたものではない」と一蹴。「政官業癒着構造を打破し、新たな経済政策を作ることが重要。民主党が中心となって野党が一致団結し、自民党政治を倒していかなければならない」と野党連携の必要性を強調した。

 土井社民党党首も、小泉失政について「怒りを超えて情けなさを感じる。野党がしっかりしないと日本の未来は絶望的だ」と述べるとともに、「野党結集に向け、菅代表のリーダーシップに期待する」とエールを送った。また、「我々が政権を取るための具体的な政策をしっかりと考え、皆でまとめていきたい。それを通常国会の場で一致団結して訴えていこう」と力強く表明した。

 笹森連合会長は、労働組合の立場から、「今まさに緊急事態だ。労働組合は雇用を守るためのものであり、安心して暮らせる生活を守るために連合は最大限の努力を惜しまない。民主党にもこの問題を最重要課題として取り組んでいただきたい」と述べた。

 福岡日本経団連参与は、「先行き不透明な日本経済を好転させるため、政治と経済が両輪となって進むことを期待する。その観点から、党としてもアイデンティティを確立し、与党の反対勢力ではない、国民にわかりやすい対案を持って国会の場で活躍することを期待する」と奥田会長のメッセージを代読した。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.