トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/06/20
【参院本会議】東日本大震災基本法、成立
記事を印刷する





 東日本大震災復興基本法案が20日、参院本会議で賛成多数により可決、成立した。

 同法案には、復興の基本理念とともに(1)復興庁の創設 (2)復興特区創設(3)復興債発行――などが盛り込まれた。

 本会議で柳田稔特別委員長は、わが国にとって未曾有の国難である東日本大震災からの復興の、円滑かつ迅速な推進と活力ある日本の再生を図るため、復興についての基本理念を定めたものだと法案の趣旨を説明。「現在および将来の国民が、安心して豊かな生活を営むことができる経済社会の実現に向けて、東日本大震災からの復興のための資金の確保、復興特別区域の整備、東日本大震災復興対策本部および復興庁の設置などに関する基本方針を定めるもの」だとした。

 採決に先立ち、民主党・新緑風会を代表して平山幸司議員が賛成討論に立った。平山議員は、同法案は復興に向けた大きな第一歩だと確信すると述べ、人心と政治に「時差」と「かい離」が生じないよう、国会は最大限に力を傾注する必要があると指摘。「国会の英知を集結し、日本国民のため未来に向かって一致結束できる体制を速やかに整備し復旧・復興に全力で臨む」と誓った。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2017 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.