トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2011/06/16
国際局役員、中国共産党の中央対外連絡部訪日団と懇談
記事を印刷する



 西村智奈美局長ら国際局役員は16日午後、党本部に中国共産党の中央対外連絡部訪日団(劉結一団長)を迎え、懇談した。

 冒頭、西村局長は、東日本大震災にあたって中国から寄せられた暖かい支援に感謝の意を表明。劉団長(中連部副部長)は「日本国民が自然災害に見舞われているなかで、微力ながらもお力添えできたことをうれしく思っています。各分野の交流を強化することによって、日本の復興のために引き続き貢献、努力したい。また日本からは中国の改革、解放の過程で、多大なお力添えをいただきました。2008年の四川地震の際は、日本から緊急援助隊を派遣していただけました。このような交流の記憶を、永遠に心の中に留めていきたい」と述べた。

 西村局長は、「若い世代の交流を進めていきたい」と提案し、劉団長は「これからは両党の交流協議機構の内容を工夫して、幅広くし、そして深めましょう。若い政治家の方にもぜひご参加いただきたいと思います」と応えた。

 国際局副局長として、米長晴信参議院議員、中林美恵子衆議院議員、阪口直人衆議院議員が同席した。

 

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2017 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.