トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2000/07/18
党代表選挙「9月9日投票」決まる〜登録したサポーターによる一般投票を実施
記事を印刷する

 民主党は18日に開いた常任幹事会で鳩山代表の任期切れに伴う党代表選挙を実施することを決めた。その後開かれた中央代表選挙管理委員会で、9月9日を投票日とすることが確定した。正式には今月25日の常任幹事会で決まる。

 代表選には、党所属国会議員20人の推薦を得た国会議員が立候補資格をもつ。今回からは、党所属国会議員に加えて、総支部に所属する党員と、登録料1000円を払った一般の「サポーター」が郵送で投票できる方式を採用する。
国会議員は1票を2ポイントに換算(計364ポイント)。党員とサポーターの投票は都道府県別に集計し、人口などに応じた都道府県別ポイント(計343ポイント)を候補者の得票数をもとに比例配分する。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.