トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2010/09/05
【代表選挙】大阪梅田で立会演説会 約3000人の聴衆を前に菅、小沢両候補が熱い訴え
記事を印刷する



 代表選挙の立会演説会が5日午後、大阪市内で行われ、約3000人の聴衆が菅直人、小沢一郎両候補の、日本を根本から変えようとの熱い訴えに耳を傾けた。

 両候補は持ち時間15分を使い、政治主導、円高対策、雇用などをテーマに、日本を根本から変える必要性を訴えた。

 演説会は、大石尚子中央選管委員が進行を務め、両候補を紹介した。また、インターネット同時中継では、のべ5000以上のユニーク視聴者数を記録し、「国民の生活が第一。」の民主党への関心の高さをうかがえる街頭演説会だった。


○大阪・梅田街宣(完全ノーカット全編)

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2018 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.