トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2010/05/03
憲法記念日にあたって(談話)
記事を印刷する

民主党代表 鳩山由紀夫

 日本国憲法は本日、施行から63年を迎えました。国民主権、平和主義、基本的人権の尊重を掲げる現行憲法が国民の確信によってしっかりと支持され続けてきたことの重みをかみしめながら、この記念日をともにお祝いします。

 国民の生活を顧みず、弱い者を切り捨てるような政治への怒り、人間らしい暮らしを求める多くの国民の皆さんの声を受けて昨年、ようやく政権交代が実現しました。民主党は、日本国憲法の三原則の遵守、憲法の保障する諸権利の実現を第一とし、国民の生活再建に全力を挙げています。

 民主党は、先ずは国民の皆さんの命を守り、生活を再建するための政策こそが最優先課題であると考え取り組んでいます。山積する内外の課題の解決に当たり、紆余曲折や回り道もありますが、主権者である国民の皆さんとともに歩みながら、一つ一つ解決していきます。
 
 民主党は、憲法は国民とともにあるという観点から、現行憲法に足らざる点があれば補い、改めるべき点があれば改めるべきと考えてきました。今後も、まず各党の中でそれぞれしっかりと議論を行い、そして各党間で議論できる環境整備をめざします。

以 上

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2017 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.