トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2008/06/24
「問責決議重く受け止めるだけでは」輿石会長が会見で
記事を印刷する





 輿石東参議院議員会長は、24日午後、国会内で記者会見し、福田首相が昨日の会見で、「問責決議重く受け止める」と発言したことについて、「重く受け止めるだけでは困る。その後どうするかだ」として、一日も早い解散・総選挙を求めた。

 また、秋の臨時国会について、全面的に審議拒否はしないことを明言した。

 党の代表選挙の時期に関しての質問には、秋の臨時国会から通常国会にかけて必ず解散・総選挙があるとしたうえで、「強力な党としての態勢をつくらなければならない」と答え、前倒しも選択肢の一つであるとの考えを改めて示した。

 さらに、党が提出し、参議院で可決して衆議院に送った法案のうち、年金保険料流用禁止法案、後期高齢者医療制度廃止法案、郵政民営化見直し関連法案などが継続審議となったことに言及。「私たちが提出した法案は、国民の生活にプラスであると確信と自信を持っている。民主党が反対した自分たちの法案は3分の2で再議決しながら、採決もしないのはご都合主義だ」と与党を批判。また、「それだからこの政権は変えなければならない」と、改めて政権交代の必要性を強く訴えた。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.