トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2008/06/19
ムダ遣いを放置したまま消費税引き上げ目論む福田政権を総選挙に追い込んでいく 菅代行
記事を印刷する





 菅直人代表代行は19日午後、党本部で定例会見を行い、「ムダ遣いを放置したまま消費税引き上げ」という国民負担増路線を歩み続ける政府・与党を一日も早い解散総選挙で追い込んで行く意向を示した。

 「いろいろなニュースがある」と前置きした菅代表代行は、国土交通省北海道開発局による官製談合事件や消費税の引上げを示唆した福田首相の発言等に言及し、「この二つを組み合わせてみると今の福田内閣の性格が浮き彫りになる」と指摘。民主党が重要視する税金のむだ遣いを放置したまま、何ら是正を行なわないまま財源が足らないとして消費税引き上げを強行しようとするものだとの見方を示し、「全く間違っているし、我が党の改革の考え方と真正面からぶつかるものだ」と語った。

 そのうえで菅代表代行は、「こうした税金のムダ遣いを放置したまま消費税引き上げを進めようとする福田内閣を支持するのか、それとも税金のムダ遣いを徹底的に表に出すことによって必要な財源の多くをその中から捻出していく民主党の考え方を支持していただけるのか、そういう総選挙にできるだけ早く持って行くために全力をあげたい」と表明した。

 参議院選での与野党逆転後の初の通常国会であった今国会をどう振り返るかとの問いには、「従来の国会とはまったく違った形の国会になったと感じている」と述べた。従来との違いの第一として、これまでは官僚が自分たちに都合が悪い情報や資料の隠蔽が行われてきたが、隠しきれない状況になってきたと分析。「従来は、そうした資料を要求しても無視したまま与党の賛成で法案は衆参両院を通過させる例が多かったが、少なくも参議院ではわが党はじめ野党の賛成なくしては法案が通過しないため、国民の皆さんから見ても当然と思われる資料を隠したままで法案を通すことは難しくなった」と指摘。薬害肝炎、年金、後期高齢者医療制度など、あらゆる課題のなかで隠されていた資料が表に出てきているとした。

 「官僚内閣制を打ち破っていく最も大きな武器、やり方は、官僚が独占して情報を出さないでいるという状況を壊すことが最も効果的。そのことが大きく前進した国会だった」とした。

 状況変化の第二としては、従来は「絵に描いた餅」となりがちだった野党の提案が、実現するようになったとの見方を示し、ガソリン税の暫定税率を期限切れに追い込んだこと等を、政策課題を実証させた極めて大きな成果として挙げた。

記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2020 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.