トップ > ニュース
ニュース
ニュース
2002/01/29
菅幹事長、大橋議員辞職問題で緊急会見
記事を印刷する

 29日、民主党の大橋巨泉参議院議員が参議院議長に議員辞職願を提出したことを受け、菅直人幹事長が緊急会見を行った。

 菅幹事長は、まず「大変残念だ」と感想を述べ、小泉政権に対するスタンスをめぐって大橋氏と執行部との間で意見の相違があったことは認めつつも「先の党大会で小泉政権打倒を確認し合って間もないことだったので、ビックリした」と語った。

 その上で幹事長は、この件についてまだ大橋氏と直接話ができていないとしながらも、「話によれば熟慮を重ねて決断されたとのことで、最終的には本人の意志を尊重せざるをえないと思う」という見通しを示し、「大橋さんは自らの自由な意志で行動する自由人だったため、一定のルールの中で物事を決めて動く党組織のあり方の中に収まりきらなかったのだろう」という見方を示した。

 そして最後に、「先の参議院選挙で投票用紙に『大橋巨泉』『民主党』と書いてくださった有権者の皆さんに深くお詫びしたい」と述べるとともに、「大橋さんも広い意味では民主党が自民党に対抗して政権を目指していくことを支援してくれると思う」と語った。

関連URL
  (談話)大橋巨泉参議院議員の辞職願提出について
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=11365
記事を印刷する
▲このページのトップへ
Copyright(C)2019 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.